Entry: main  << >>
お食い初め
生後100日経った峻くん。
なんかもうずーーーーーっと前から一緒にいるような気分なんだけど、まだ100日しか経ってないんだね。不思議な感じ。

お昼前から吉祥寺へ準備のための買い物へ出掛けました。
冬休みの長男リヒト君とともに。

ササササっと買い物を済ませて帰宅するはずが、ランチにやたらと時間がかかる・・・
牛タン屋さんへ入った途端、「オレ、肉なら1.5人前食べられる!たくさん食べたいから」と大盛りを注文。私は普通。
終始マイペースで食べたリヒト君は、お肉はすべて平らげたけれど、ご飯は残してしまいした。だめだなー。


到着したときには起きていた峻くんは、ベビーカーをゆらゆらしていると配膳される前に眠りについてくれて、いい子♡

こっちはいつ起きるかハラハラしてるというのに、マイペースな長男・・・

結局、食事→買い物の間中眠り続けて、家に着いてから目覚めることになるのですが。


さて、買い物。
まずは主役の鯛くんを求めて魚屋さんへ。
びっくりするほど立派な鯛くんしかいなくて・・・その中からいちばん小さめ(我が家のグリルに合うようなサイズ)を探し出してお買い上げ。

それから野菜やらお肉やら買って、さぁ、お赤飯を買って帰ろう!
と思ったら、やたら高い・・・一人前500円ぐらいする。あまり買った記憶がないので相場がわからないんだけど・・・高いじゃん。と、購入を保留。
自分で炊こうか迷っていたけれど、炊く方にぐっと気持ちがよる。


リヒト君と色々なケーキ屋さんをぐるりと見て回って、ショートケーキをゲット!Hotel de Suzukiというお店みたいだけど・・・母さん知らないお店。

電車で戻ってきて、赤飯を求めてお店へ向かうと「今日は売り切れました!」と明るく言い放たれる。ガーン。これでもう自分で炊くしかない。もち米とささげ豆を買って帰宅。お、お、お、重い!

さぁ準備開始!!!
リヒト君はサッカーへ出掛け、私は峻くんとにきちゃんをお迎えに行き、またお料理。

地球人倶楽部が思ったより遅くやってきたから、使おうと思っていたレンコンやらごぼうやらがない・・・でも、まぁなんとか。

と、進めていたら・・・
サッカー部の父兄から電話。どうもリヒト君がお腹が痛いと練習を見学しているらしい。
お迎えに行くことになり、チビちゃん2人の支度をし、自転車でチャリチャリンと学校へ。思ったより容態は悪くないけど、痛そう。
「オレの研究の結果、この角度でいれば大丈夫」と本人が言う角度に体を曲げて、なんとか家まで歩いて帰ってきました。

父さんが帰ってくる時間に合わせて、鯛を焼く。焦げないように慎重に、慎重に。
途中、峻くんに授乳して、ふと気づくとちょっと焦げたにおいがして、急いで峻くんを置いてグリルへ走る!そうしている間に峻くんがブーーーッっとやらかして、慌てる→そんな時に宅急便がやって来てハンコ!ハンコ!と慌てる→戻ってくるとまた鯛がピンチ!というドタバタ劇場がありましたが、なんとか無事着地。

赤飯も美味しく炊けてハッピーです。


みんなでいただきますをして、峻くんのこれからの健康を祈りました。
奈絵子がプレゼントしてくれたNarumiの子ども用の器が可愛い!



そしてケーキ。
替え歌を唄って、いただきます!した途端いちごの奪い合い。
また峻くんがぶーーーーってして、父さんが処理にあたっている間に、父さんのイチゴもひとつ残らず消失。いちごにありつけたのは子どもだけ・・・これからずっとそんな風なんだろうか。こんな時に限って、地球人倶楽部もいちご欠品とかいって届けてくれなかったしね。



大きなお口でケーキを食べるにきくん。


9歳でも口の周りはクリームだらけなリヒト君。


仲良しね。


| tadeusz | 13:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
大切に使わせていただきます(^^)v お食い初めも三回経験したのか・・・と感慨深いね。
Posted by: りひと母 |at: 2013/02/14 2:52 PM
食器使ってくれて嬉し〜!!
100日おめでたいねぇ。ビバ日本の風習!
Posted by: 東吾征吾侑吾母 |at: 2013/02/13 4:27 PM








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode